ボトックス施術ならスッキリ小顔になれる!


切開や切除をしなくても小顔になれる方法はある?

美容整形外科で受ける小顔治療というと、骨格の張り出した部分の骨を部分的に切除する骨切り術を行うことが一般的でした。効果的に顔の輪郭を整えることが出来るメリットがあるため、永久的な小顔効果を期待している方にとって非常に魅力的だとされています。しかし、手術を行うことから入院が必要となる場合もあり、ダウンタイムなど内出血や腫れ、痛みなどが引くまでに時間がかかるため、長期休暇が取れる人ではない限りは気軽に受けることができないデメリットもありました。

そこで切除や切開をすることなく、小顔効果が得られるとして注目されているのがボトックスです。この治療はボツリヌス菌の毒素を抽出した製剤を利用して、エラの部分の張り出した咬筋の発達を麻痺させる効果が期待できます。傷跡や腫れなども残りにくく、気軽に受けることが出来るプチ整形です。

日帰りで気軽に小顔治療

ボトックス治療は、歯ぎしりや噛み締めといった習慣が多い方に起こりやすい咬筋の発達を抑える効果を持っています。そのため、発達して顔を大きく見せてしまっている咬筋にボトックス注射を行うことで筋肉を一時的に麻痺させ、筋肉の発達を抑えて小さくさせることが可能です。注射の効果は約半年ほど持続し、徐々に筋肉が小さく細くなっていくので段階的にシャープな顔立ちを手に入れることができます。治療自体も日帰りで受けることが可能で大掛かりな手術を行う必要もなく、トラブルがなければ医療機関に受診をする必要が無い点も気軽に受けられるプチ整形として人気が高くなっている理由です。

シワなどの対策でボトックス注射を行う場合、人によって差はありますが、数ヶ月から半年ほどは効果が続きます。