脱毛種類は何がある?脱毛サロンとクリニックの脱毛方法を知ろう


脱毛は大きく分けて3つの方法がある

お店やクリニックで行っている脱毛の施術方法は大きく分けて3つあります。

その3つの方法が、ニードル脱毛・光脱毛・医療用レーザー脱毛です。

ニードル脱毛は電気脱毛と言われていて針を指して電気を流すことで毛根部を破壊して脱毛をします。

この方法は痛みが非常に強く施術に時間がかかってしまうため、採用しているところは少なくなっています。

光脱毛は主に脱毛サロンで採用されている方法で、メラニン色素に反応する光を使い毛根部にダメージを与えて処理する方法です。

この方法は広範囲でなおかつ痛みが少なく施術できるとして人気があります。

そしてクリニックで行われているのが医療用レーザー脱毛で、光脱毛に比べて一度の照射範囲は狭いけれども効果が高いとして人気があります。

価格面や施術にかかる時間そして安全面が変わりますので、自分に合った脱毛方法を選びましょう。

永久脱毛をするならどの方法?

高いお金を支払って脱毛するならできるだけ生えないようにしたいですね。

そこで気になるのが、どの方法だと永久脱毛を可能としているのかです。

実は永久脱毛を可能としているのが、医療用のレーザー脱毛のみとなります。

永久脱毛には定義があり、最終脱毛から1ヶ月後の再生率が20%以内とされています。

この定義なら脱毛サロンの光脱毛でも可能ではと思うかもしれませんが、しかし光脱毛は再生率が20%を超えてしまうため永久脱毛ではありません。

永久脱毛はクリニックのレーザー脱毛だけになるため、永久脱毛をと考えているのならクリニックがおすすめです。

ただ、脱毛サロンの光脱毛も生えにくくすることは可能です。

予算に応じてレーザー脱毛にするかそれとも医療用レーザーにするのかを決めましょう。

脱毛とは、専門サロンやクリニックでプロに処置してもらうことそして自分でかみそりなどを使って処理することを言います。